整体師になるなら|資格を習得する必要がある

専門性が高い資格取得

施術

実技が中心の勉強

肉離れや捻挫など、いわゆるスポーツ外傷や障害に対する治療法に手技を用いるのが柔道整復師の技術の1つで、健康志向の現代社会において、スポーツ分野に強い柔道整復師を養成する学校も開校しています。国家資格であるため、専門となる学校での教育内容には1年次から国家試験を視野に入れたカリキュラムを組み込むことによって技量が図れる内容です。また手技は将来、医療現場で活躍するための必須技能であり、実技を中心にカリキュラムを構成しているのも特徴です。国家試験合格が必須となる柔道整復師であるため、試験対策の1つに合宿勉強などを実施する学校も多く、約3年間のキャンパスライフを同じ目的を持つ学生同士で学ぶのが特徴になります。

経験値を増やす

医療業界でのフィールドで活躍が期待できるのが柔道整復師で、知識や技術が必要となる国家資格合格のために学校に通う学生は増加しています。柔道整復師を育てるためのカリキュラムも学校オリジナル教材が用いられるケースもあり、合格率の実績に繋がっている内容ですが、オリジナルのカリキュラムを展開する学校選びの一工夫によって基本から応用にまで対応できる利点が挙げられます。例えば、実践できる場の提供も重要視したい内容で、柔道整復師として学科での知識も必要ですが、得た知識をリアルな現場で使ってみる経験も重要です。プロトレーナーやスポーツ選手などが在籍する施設と連携する学校を選択することで、スポーツ外傷や障害を持つ患者に直に触れることもでき、指導までも受けることが可能で、学生同士での実技では体験できない活躍の期待が持てます。