整体師になるなら|資格を習得する必要がある

教員資格の取得方法

鍼治療

大学や専門学校などの養成学校に通って、鍼灸師の資格を取得すると、治療家になるのが一般的です。しかしそれ以外にも、養成学校の教員になるという選択肢も存在しています。このような養成学校の教員になるには、いくつかの方法があります。このうちいちばん多く用いられてきたのは、教員養成科に進学することです。教員養成科には、鍼灸師の資格を取得していれば、基本的に誰でも入学できます。しかも教育に要する期間は、鍼灸師になるために必要な3年間よりも短い2年間だけです。それにも関わらず教員になると、治療家として開業するよりも、安定した収入が見込めます。こうした特徴があるため、鍼灸師は教員養成科に進学して、養成学校の教員資格を取得するとお得です。

ただし鍼灸の養成学校の教員資格は、教員養成科以外の方法でも取得できます。その方法というのは、鍼灸の大学院を卒業して修士資格を取得することです。そうした大学院では、鍼灸に関与する複数の分野について研究を行います。例えば鍼治療を行うと、鎮痛効果が期待できます。しかし鍼治療によって鎮痛効果が出現するメカニズムは、完全に解明されたわけではありません。このような鍼灸治療のメカニズムを、多方面から研究するのが大学院の役割です。こうした研究を行うと、鍼灸のスペシャリストとして認められることから、教員資格も与えられます。したがって学士の資格を有する鍼灸師は、大学院に進学すると、修士と教員資格が同時に取得できます。